西から昇った太陽が西に沈むとしたら

どんな状態なんだろう。ありえるのかありえないのか?そんなおかしな情報を真面目にトークしてみます。

私は今まで、シミウスというものを使ったことがなかったにも関わらず毛嫌いしていました。理由は、それひとつで済ませてしまう、というのはどうにも私の中で納得がいかなかったからなのです。

シミウスの口コミならここを見るといいですよ

化粧水や乳液、美容液などにはお金をかけてきた私ですが、生活費がカツカツでどうしてもいつも愛用しているものを購入できないときがありました。

そのとき、仕方なしに私は店員さんにおすすめしてもらった“オールインワンゲル”をはじめて購入してみたのです。早速夜、家に帰ってお風呂に入ったあと使ってみることに。

ふたを開けると、ぷるんぷるんとした半透明のゲルが中に入っていました。「今月だけ…」そう思って私はシミウスを肌に塗りこんでいきました。

塗り心地は悪くはありませんでした。美容液をもう少しもっちりとさせたような感じです。

私は元々乾燥肌が酷くて保湿には気を使っていました。そのため、シミウスも保湿力高めのものを店員さんに勧めてもらいました。

保湿力は…いい感じ!もっとお金をかけていた以前と同じくらいの保湿力、肌のハリ、塗り心地も気持ちよくて使いやすいと感じました。

それから私は毎日シミウスを使うように。肌の潤いは今までよりも更によくなった気がします。

また、裏面を見ると化粧下地としても使えるとのことで、朝忙しくて時間がないときなどはそれを下地代わりにメイクをしています。

まだ使ったことがない方はこの機会にぜひ、シミウスを使ってみてはいかがでしょうか?

4歳になる息子は小さい頃は喋るのが遅く、とても心配したものです。

でも気がつけば今はもう喋りすぎてちょっと静かにしてくれと言いたいくらいです。

よくある話ですよね。

そんな息子の最近面白かった話と言えば、先日、夜パパが帰宅する少し前にご飯の準備をしていると、娘がおもちゃの入ったかんかんを開けてほしいと言うのです。

でもわたしは揚げ物をやっていて手が離せなかったので、息子にお願いしたのです。

「今取り込み中だからやってあげて。」と言うと、「僕も今取り込み中だからできないよ。」と言うのです。

その時息子は本を読んでいました。

取り込み中という言葉を知らないのに、今聞いてもう早速使ってるし、というのがおかしすぎて呆れてしまい、息子にお願いするのは諦めました。

いつやらこんな息子になったものかと、その成長に驚きとさみしさを感じました。

今はまだママが一番と言ってくれましたが、最近好きな女の子もできたみたいだし、いつまで甘えてくれるのかもわかりません。

やんちゃで手のかかる息子ですが、手のかかるうちが幸せなのかもしれません。

数年前に育てたら彼氏が出来た!とか、実がなったら結婚できた!とか話題になったワイルドストロベリーをかれこれ一年ちょっと前から育てています。

去年の4月頃から育て初めて順調に芽が出て根もしっかりしてきてすくすくと成長してきた去年の9月ワイルドストロベリーの効果なのか、見事彼氏をゲットしました。

今もすくすく順調に根も葉も広げていっているワイルドストロベリーなのですが実がならないどころか花が咲く気配もなし…。

新しい葉っぱが出てくる気配は常にあるんですけどね。
昔観たワイルドストロベリーの特集をしていたテレビ番組では「ワイルドストロベリーを育て始めたら彼氏ができて、実がなったら結婚できた」と言っていたので、結婚はまだまだ先ってことなのかな?と思ったりしています。

飼育方法を調べたところ、湿度管理とか温度管理とか結構気を使わないと花をつけないとも書いてあったので、そのせいもあるのかな?どうなのかな?と考える日々です。

ただ、「枯れさせると別れてしまう」とも聞いたことがあるのでなんとか枯れさせることはないように頑張ろうと思います。

童貞捨てたいなぁと思う今日この頃笑

母親のプチ家出についての是非が雑誌で討論されていました。
プチ家出というのは、だんなさんと喧嘩して、3時間くらい帰ってこないものなのかと理解していたのですが、そればかりではなくて、自分の時間が欲しいからと母親が子供を夫に託して遊びにでかけるのもプチ家出に入るそうです。

プチ家出なんかしたことないと思っていたのですが、夫に子供をあずけて遊びに行ったことなら、何回もあるので、私もプチ家出をしたことがあるということになってしまいました。

母親が自分の時間をもつために、子供を置いて遊びにいくことに罪悪感を感じる女性は多いとのことです。

私は海外に留学していた時に、ホームステイ先のホストマザーやホストファーザーが子供をベイビーシッターさんにあずけて遊びに行くのは珍しいことではなかったので、自分も息抜きのために、子供を夫にあずけて、出かけることに罪悪感など抱えたことがありませんでした。

子供とも、「遊びに行ってくるね!」とニコニコ手を振りあって、明るく遊びにいっておりました。

子供や夫が嫌な思いをしていなければいいのではないかなあと思います。
ファミリーが楽しくできていたら、なんの問題もないですよね。
それぞれの家庭にあったやり方がいいのかも。

今年になって始めた趣味の水耕栽培が順調です。

特にルッコラと水菜は水耕栽培に合っていたようで、土で育てていたころより成長が早いし出来も良いです。

ベランダの大きな窓の向こうに棚を置いて、その棚に水耕栽培の野菜たちを並べています。

リビングのパソコンデスクからベランダに目をやると、窓いっぱいに野菜の緑色が広がっています。

野菜の緑と空の青がパソコン作業で疲れた目を癒してくれる、お手軽な癒しです。

でもこのルッコラ、実はもう、観賞用です。もう食べられないんです。

予想以上に上手に育ったことが嬉しくて、一気に食べてしまうのが惜しくて毎日チビチビと摘んではサラダにして楽しんでいたのですが、時間をかけて楽しみ過ぎて虫がついてしまいました。

虫食いが少なかった初期は「虫がつくのは美味しい証拠」と、気にせず食われた部分だけ避けていたのですが、今ではもうルッコラ穴だらけ。

室内から眺めるぶんには綺麗なルッコラ、近づいてみると穴だらけです。

多重債務 一本化

せめて、一枚を完食してから隣の葉っぱに移るとか行儀良く食べてくれればいいのに、全体的に万遍無く穴だらけで、人間が食べられる部分が残ってないようです。

でもリビングから鑑賞するには綺麗だから処分できなくて、次の種が成長するまではこのまま置いておく予定です。

突然ですが共働きの主婦のみなさん、毎日ごはんを作っていますか?

うちは旦那は食事の時は必ずビールを飲むのですが、車通勤のため外で食事をしてくることはなく、毎日毎日家で晩ごはんを食べるのです。

しかも、おかずをつまみにして飲んでからさいごにご飯を食べるので、最低4品くらいはないとご飯のときに食べるものがなくなってしまう・・・。

私もフルタイムで仕事をしており、旦那が仕事から帰ってくるのは私より早いか同じくらい。

結婚当初は毎日のごはんの支度がすごくストレスでした。

仕事から帰るとすでに旦那が帰っているので、休むことなく台所へ向かう。

ごはんを作り終わって食事をしたと思ったらまたすぐに後片付け。

仕事をしていても、今日の夜ご飯は何にしよう。明日は何を作って、そのためには何と何を買い物して・・・とごはんのことばかり考えていたのです。

楽しいはずの新婚生活なのに、家に帰る時間が近づくとため息がでてくるなんて。

頑張りすぎていたんですね。

今では適当に1週間分の材料をまとめ買いして、献立も平日は焼くだけ、和えるだけ、トースターで焼くだけなど手のかからないものばかり作るようになりました。

献立も先々まで考えずに、あるものを焼けばいいやーと気楽に考えています。

自分で勝手にがんばってイライラして旦那にやつあたりして。

なんか申し訳なかったな。

今は、疲れたーという日は、ごはん一緒に作ろう♪と誘って手伝ってもらってます。

一緒に笑いながら作っているうちに疲れもとれるし、手伝ってくれた旦那にも優しくなれるし一石二鳥!!

何事もやりすぎは続かないですよね。

これからもうまーく手伝ってもらいながら、楽しくごはん作りたいと思います。

無性にパンケーキが食べたくなった。

近頃はやっているらしいので「パンケーキ」といってみたが、そんなおしゃれなカフェなどに行く時間なんてないので、もちろん自作の方向で欲求を満たそうと試みる。

起きたばっかりなのにパンケーキを作ろうと決意してしまったので、そこからマッハで外出の準備。

冷蔵庫には野菜しかないものだから、まずは材料を買出しに行かなければ。休日なのにほかにやることもたくさんあるけど、とりあえずは見ないことに。

それでも部屋の掃除はざっとやって、たまっていた汚れ物は洗濯機にIN!連日雨ばかりでまったく乾かないのがいい加減憂鬱になる。

近所のスーパーでホットケーキミックスと卵・牛乳を買おうとして、せっかくだからもうちょっとアレンジしようと考えた。果物のコーナーで彩と予算を考えながら、リンゴとオレンジをチョイスする。果物を添えるだけでも、ちょっとはカフェっぽくできるかな?

帰宅して、まずはリンゴをバターで炒めるところから始める。メープルシロップの代わりだ。

多めのバターでリンゴをじっくり炒める。多少の罪悪感を覚えながら砂糖もどばっと。色づいてとろっとしてきたら完成。オレンジはそのまま向いて、酸味を楽しむことにする。

で、メインのパンケーキの作成。小さいフライパンで、弱火でじっくり焼いていく。強火だとすぐ焦げるので、じっくりじっくり。

今回はアレンジで生地に白ごまを入れてみた。ここいらへんは完全に健康重視で。セサミン補給で。

生地が焼ける甘い匂いと、白ごまの焼ける香ばしい匂いが立ち上ってきてからはテンションがさらに上がる。

ホットケーキミックス1袋で4枚のパンケーキを焼いて、録画していたドラマを見ながら遅いブランチ。

コンビニで買ったLサイズのアイスコーヒーを飲みながら。リンゴソースが我ながら絶妙な味加減だ。

ゆっくり時間をかけながら食べて飲んで、ドラマをみた。なんでもないことなんだけど、すごく贅沢な気がしたよ。

そんなときテレビで個人再生のデメリットについて紹介されていた。なんとなく嫌な気分になってしまったが、借金についてしっかり考えるいい機会になった。

同じようなことは「個人再生 デメリット」のサイトにも書かれているので参考にしてみるといいですよ。

今日は近所のKALDIへ行ってきました。

週末、友人宅へお邪魔するのでその手みやげを調達するのが目的です。

集まるのは付き合いの長い、気の置けない仲間達。

うち以外は共働きで、専業主婦の私が奮発してちょっと洒落た手みやげを持参したところで、

とくにインパクトもないし・・・見栄を張る相手でもないし・・・。

ということで、今回はプチプラで美味しいものを探すことにしました。

事前にネットで「KALDI 手みやげ」などのキーワード検索で目星をつけておいたので、

お店であまり迷わずに済みました(自宅用の買い物であれこれ悩んでしまいましたが)。

入店時にコーヒー(今の時期はアイスコーヒー)を受け取って、

目的のお菓子を探します。今日行ったお店ではアイスの試食を出していました。

が、アイスは電車移動の手みやげには厳しいので、我慢してお菓子の棚へ移動。

そして目的のチョコケーキ、見つけました!消費期限の長いものを選って人数分をカゴへ。

そのあとは、ネットの口コミで見た気になるお菓子や食材を物色して、

ちょっと余計に買いすぎました。。。

でも、新たなお気に入りも見つかったし、何より手みやげが無事調達できて、ほっとしました。

結婚してからもずっと使っていた、一人サイズの冷蔵庫。

八ヶ月の娘の離乳食も進んできて、冷凍庫を多用するようになり、あまりに物が入らない冷凍庫にずっとストレスを感じていました。

先日ふらっと入った電気屋で、何気なく冷蔵庫を物色したところ、私が想像していた値段よりも安い!

なんとなく冷蔵庫って、15万近くするイメージだったんですが、私が今欲しい(というか、我が家の狭いキッチンに置ける)サイズだと、8万円台のものも!

すっかりテンションがあがってしまい、店員さんに色々と説明を受け、即購入してしまいそうな勢いになりましたが、安いとは言え、ある程度のお値段はしますし、何よりキッチンに入るかどうかのサイズもあるので、一旦持ち帰って検討することにしました。

借金返済中の私には8万円でも実は結構な大金。借金返済のコツを掴んだとはいえ、なかなかそれだけのお金を捻出するのは大変なのだよ。

自宅に戻り、メジャーでサイズも測ったところ、問題なし!

今まで冷蔵庫の上に置いていた電子レンジを移動しなければいけないので、かなり狭くはなってしまうものの、今まで抱えていたストレスが解消するならばと、早速翌日に電気屋に出向き、購入しちゃいました!

明後日届く予定です。わくわく!

折角購入したので、これからも益々料理を頑張ろうと気合が入っています。

ジャマイカフェスティバルに行ってきたよ~☆at 代々木公園

W杯の影響で、ブラジル料理が食べたいな~と思っていたので、毎週のように海外フェスをやっている代々木公園のイベントを調べてみた。

なんとジャマイカフェスティバルがあるではないか~!!ん?

ジャマイカってどこ?と思いgoogle先生に聞いてみたら、北アメリカと南アメリカの間あたりにある小さな島でした。

なんでもレゲエの国で、アキーっていう熟していないと猛毒が含まれるフルーツを食べたりしたり不思議な国。日本人はあまりいなそう。。。

あまり知らない国だし、気になったので行ってみることに。まずは、この日のために朝ごはんを食べていなくお腹がすいていなかったのでご飯を調達に。

カタコトの日本語で接客してくれた本場っぽいにおいのしたお店でオクラのカレーと羊肉を購入。ここで忘れちゃいけないのは、ビールだよね!

ジャマイカのビールといえば、レッドストライプらしい。500円で購入。

ん~!思ったより辛くないし、不思議な味はするけどおいしい!!今まで食べたことのない味で、なんとも表現ができないのだが。

それが海外料理の醍醐味ってことで。笑

結局、4時間飲み~の食い~の買い~のジャマイカを堪能しました。ちなみに7月には、タイフェスティバルがあるらしい。

私が子どものころ、売られているオレンジジュースを作るという授業があったのですが、オレンジは一切使わず数種類の薬品大量の砂糖を混ぜるだけのものでした。

果物のオレンジは入っていないと言うことを教える授業でしたが、砂糖が大量だったのは今でも覚えています。

クッキーを作る時も砂糖をこれでもかと言うほど入れるので大丈夫なのかと思った覚えがあります。

やはりというかしかしというか、糖分の取り過ぎは全然大丈夫ではなく、食欲を止まらなくさせる作用があると言うことを知りました。まったく恐ろしいことです。砂糖自体が太らせるのではないと聞いたことがありますが、結局食べ過ぎになってしまうとは。

糖分は取るときはタイミングが重要で、運動をした後なら太ることはないそうです。かえって栄養補給にいいとか。

⇒借金を減らすコツ

でも運動自体あまりしない私。糖分の取り過ぎは糖尿病のこともありますし、少し考えなくてはならないなと思うのでした。気をつけます。

鮭。おいしいですよね。焼いてもムニエルにしても、サーモンのお寿司も。

私は肉の脂も大好きですが、魚の脂も同じように好きです。魚の脂は体にもいいらしいですから積極的に取りたいものです。脳にいらしいですね。

ということで、鮭ですけども、もちろん鮭の脂も大好き。鮭本体も好きですけど鮭の皮も大好きなんです。

食べる人と捨てる人といるらしいですが私は大好物派です。捨てるなら欲しいくらいです。でも誰かの食べかけはさすがに入りませんが。

私が鮭の皮が大好きなことを知っている家族は鮭を焼く前に皮を取っておいてくれます。

ところが、家族の趣味なのかカリカリに焼いてしまうのです。ああ、脂が…焼かれることで全部落ちてしまう…家族はそれが最高においしいと思っていてサービスのつもりなんです。

私はそれが分かっているので、なかなか言い出せません。私は脂が好きなんだと。今度から鮭を焼く係りは私にしてもらおうとひそかに思ったりしているのでした。

今日、お昼にカップラーメンを食べ終わって汁を捨ている時に、カップラーメンの具が底に残っていることに気づきました。

円柱型のカップラーメンです。

カップラーメンの具ってラーメンと一緒に多少は付いてくるのですが、いちいち小さいのをお箸でつまんで食べているのは私だけでしょうか?

私はお汁は飲まない派ですが、そんなのお汁ごと飲んだらいい、と言う人がいるかもしれませんね。

でも、お汁を飲みほしたとしても底の方に溜まりませんか?それで、最後に残った具をお箸でおいでおいでして食べると思います。

どうでもいいことですが、皆さんどうやって具を全部食べているのか気になりました。

それで、私なりにカップラーメンの具を全部食べる方法を考えてみました。

まずお湯を入れて蓋を開けた瞬間、混ぜない。これで具は全部上に乗っているはずです。

ですが、先に具を全部食べないといけないし、スープが混ざらないような気もします。

味的にどうだろうと思うのですが、今度食べる機会があったら試してみようと思います。

先週のお昼休み、不覚にもTVをみながら感動してしまいました。

主人公の母(ふじ)の存在と、演じる室井滋さん素晴らしいです!ももが北海道にお嫁に行く前に、朝市に気持ちを伝えに行って、失恋して帰ってきたももを迎えるお母さんの姿(涙)余計なことは一切言わずに、ぐっと抱きしめる姿に大・大・大感動しました。

こんな心の広い、あったかいお母さんいいなぁ~と思いました。貧しくても、辛いことがあっても、みんな笑顔で暮らしてるっていう雰囲気を作ってるのは、あのお母さんのおかげなんだなぁと改めて思いました。室井滋さんの涙を抑えたような演技もほんとにすごいです。

自分の子供となると、子供の気持ちや出来事について、どうしても気になってしまって、余計な心配をしたり詮索をしたり、何も言わずにただ抱きしめるってことが、なかなか出来なくて反省してばかりです。ふじのように子供を包んであげられるような優しいお母さんになれるように、これから頑張っていきたいなと思いました。

現在住んでいる家に引っ越してきた時に記念樹として、さくらんぼ、枇杷、南高梅の三本を植えました。今年6年目を迎えたその三本の木の中で、初めて枇杷の木に実がなりました。

まだ寒い3月初旬頃に小さな白い花をたくさん咲かせて、4月ころから徐々に膨らませてきた実は今月に入った頃から黄色く熟してきて甘い香りが立ち込めてきました。全体がオレンジ色に色づけば食べ頃になるので今か今かと毎日庭を眺めていた所、葉の陰に実っていてはっきりとは見えないけれど実の数が減っているのではなかろうか、ということに気づきました。

気になると調べずにはいられなくなるので、倉庫から大きめの脚立を持ってきて実りの状態を確認しました。すると、葉の陰に隠れていた所になっていた枇杷の実のほとんどが鳥に啄まれ、無残な姿となってかろうじて枝に付いている状態でした。それは一個や二個ではなく一枝分まるまる啄まれていた所もあり、木の高い部分の実はほぼ全滅と言っても過言ではありませんでした。

鳥に食べられないように対策しても10個取れるかどうかがせいぜいで、この枇杷の木の実りは我が家だけでなく子どもたちのお友達も楽しみにしていたことだったので、少なくなってしまった木を見た彼らは残念そうに眺めていました。